【他人と比べてないと思っていただけで、強烈に他人と比べていた話】  

img_1514

じゅんこは、 

「もっともっと無邪氣に、 

もっともっと純粋に、 

もっともっと愛に深く、 

もっともっと子どもみたいに、 

生きることを誓います٩( ᐛ )و♡」 

 

 

と、いうのもですね、 

じゅんこ、最近とんでもないことに氣がついてしまったんですね。 

 

衝撃すぎて、いつもと違って敬語まじりですね。笑 
  

それがですね、 

「自分らしさ全開!」 

と思ってたのに、 

「結構頻繁に、他人と比べてた!」 

ってことなんすよ。 

そ〜なんすよΣ(゚д゚lll)! !!!!

 

 

いやぁ、自分でもマジ衝撃!笑 

 

 

 

というのもですな、 

「憧れの人」 

ってあなたにも1人や2人や5人や6人くらいいると思うのですがな、 

 
じゅんこもその、 

「憧れの人」と 

とてつもなく無意識で、 

とてつもない劣等感を持って、 

「比べてたΣ(゚д゚lll)」 

 

んですな。笑 

 

いやはや、 

ほんと、 

「う、嘘やろ!!!?!?Σ(゚д゚lll)Σ(゚д゚lll)Σ(゚д゚lll)Σ(゚д゚lll)!!!!!」 

 

くらいの衝撃でした。笑

 

 

しかし、じゅんこはそれに氣がついたわけです。 

 

 

その人みたいに、 

「一番先頭に立って、背中を見せなければならない」 

「スター性を発揮しなければならない」 

「リーダーであらねば売れない」 

「カッコよくなくちゃいけない」 

 

 

と思ってたんですΣ(゚д゚lll)Σ(゚д゚lll)Σ(゚д゚lll)Σ(゚д゚lll)Σ(゚д゚lll)Σ(゚д゚lll)Σ(゚д゚lll)Σ(゚д゚lll)Σ(゚д゚lll)Σ(゚д゚lll)Σ(゚д゚lll)Σ(゚д゚lll)Σ(゚д゚lll)Σ(゚д゚lll)Σ(゚д゚lll)Σ(゚д゚lll) 

 

 

 

ここ最近で最大級の氣づき!!!!笑 

 

 

 

でも、氣づいたわけです。 

 

 

氣がついちゃったわけです。 

 

「あ、じゅんこリーダー無理だわ。笑」 

「リーダーみたいに前に立つ感じじゃなくて、フラットな関係性の人と仲良くなればいいわ。笑」  

「じゅんこが前に立って輝くんじゃなくて、関わってきてくれた人を輝かせるポジションがいいわ。笑」

「スター性じゃなくて、ゆるキャラ性でいいわ。笑」 

「カッコよくじゃなくて、もっともっと無邪氣に、もっともっと子どもみたいに純粋に生きたいわ。笑」 

 

 

が、本音であり、 

じゅんこの魂に沿った生きる道であった。 

 

っというのに、 

改めて氣がついたわけです。 

 

 そりゃ、ゆるキャラが、 

ハリウッドスター目指してたら、 

輝やき薄れるわな。笑 
 

ふなっしーはふなっしーやから、

面白い。 

 

くまモンはくまモンだから、 

可愛い。 

 

ハリウッドスターはハリウッドでこそ輝ける。 

 

ゆるキャラは地元民にこそ愛され、 

そこからさらに日本→世界に愛される。 

 

 

 

 

そうやったそうやった〜
じゅんこはこの地球で、 

純粋に無邪氣に子どもみたいに、 

色〜んな体験をし、 

味わい、愛し、 

遊ぶため 

 

に来たんだった〜♪♪ 

 

 

 

と思って、 

前髪も短く切って、 

「もっともっと無邪氣に、

もっともっと子どもみたいに」 

顔もなりました。笑 

 

 

でも、この笑顔の方が、 

とてつもなく「じゅんこらしい」  

 

 魂の真ん中を生きているからこそ、 

人は魅力的で輝くのだ。 

 

最初は

「純粋な憧れ」 

だったはずなのに、

誰かと比べ、 

誰かになろうとしてた。 

 

 

もうやめる。 

他人を意識の中に入れる時には、 

「私の未来のスキャン」 

としてもらうことにする。 

 

 

じゅんこはじゅんこのど真ん中を生きる。 
 

 

 

改めてそう、 

自分に誓った、 

今日この頃でした〜 

 

 

おわり 

 
**** 

 

今日の21時にLINE@で久しぶりのゆる音声配信しま〜す♪♪ 

聴きたい人はこちらから〜 

じゅんこの公式LINE@登録はこちらから 
https://line.me/R/ti/p/%40rbi2986j

ID検索はこちらから
@rbi2986j

 

 

 

 

 

 

 

 


2017-09-01 | Posted in 愛のパートナーシップNo Comments » 

関連記事