【自分、もしくはパートナーに「愛してるよ」と言い続けたら、どう現実が変わるのか?〜パートナー(夫)に言い続けたらこうなったよ編】

13620809_655842884578718_5417679273891164451_n

これと

【21日間自分、もしくはパートナーに「愛してるよ」と言い続けたら、どう現実が変わるのか?】

http://childmindart.jp/ai-3/

 

これの続き

【自分、もしくはパートナーに「愛してるよ」と言い続けたら、どう現実が変わるのか?〜自分という人生のパートナーに実践してみた結果】

http://childmindart.jp/ai-4/

 

 

******

 

形式的な心のない「愛してるよ」ではなく、

 

血の通った、

色のある温度のある、

「愛してるよ〜♡」

を自分という人生のパートナーに言い始めたじゅんこは、

Facebookというネットで、

後に運命のパートナーとなる、

こうぞう(今は夫)と出会うのである。

 

 

じゅんこは、

一番最初の自分には合わない職場で

どん底期を迎えていた時に、

本屋さんで一冊の本に出会った。

 

 

で、その本を読み、

「絶対この人に会いたい!」

と思ったので、

当時大阪で実家暮らしをしていたのだが、

初めて1人で新幹線に乗って、

東京まで行き、その人のセミナーを受講した。

 

 

そこは今回の話とは違うので、

少し飛ばすとして、

 

じゅんこはその人に惚れ込み、

認定講師なるものになった。笑

 

その少し前くらいから、

本格的に、

Facebookで情報発信をし始めていたので、

とりあえず、

「コーチングはじめました!宣言」

だけでもしとくかな〜

と思って、

Facebookで「コーチングはじめました」

と言ったところ、

すぐにメッセンジャーで、

「あなたの最初のクライアントになりたいです!」

と言ってくれたのが、

こうぞうだったのである(〃∇〃) きゃっ♡

 

詳しくは読みたい人はこちら

http://childmindart.jp/twinsoul/

 

 

ということで、

「自分という人生のパートナー」

に血の通った「愛してるよ」

を言っていたら、

今度は、

「愛してるよ」と言ってくれる相手が、

向こうからやってきたのである。笑

 

 

その頃、こうぞうは、

山梨のその業界ではトップクラスの

大きな企業に勤めていた。

 

けれど、コーチとクライアントの関係だったころから、

「やめたい」

と言っていた。

 

職場での人間関係は良好だし、

このままいけばそれなりに出世もできるだろう。

大きな企業だから、

福利厚生もしっかりしてる。

この先は安泰・・・

 

けれど、

こうぞうの心は

 

「自分のやりたいことと、

今の仕事が違う・・・」

と言っていた。

 

そういう違和感を抱えながらも、

じゅんこと付き合うことになり、

山梨(こうぞう)、愛知(じゅんこ)

という遠距離だったが、

月に1回会うというペースくらいで、

楽しく1年くらい過ごし、

こうぞうからプロポーズもされていた。

 

 

しかし、ある日、

こうぞうが突然、

平日の夜に、

「今から行く」

とメッセージを送ってきた。

 

 

それまで、平日の夜に来たことはなかったので、

寂しさから「そんな嘘つくなやヾ(。`Д´。)ノヾ(。`Д´。)ノヾ(。`Д´。)ノ!」

とお怒りモード満点だったのだが、

本当に来たので、

ビックリして床においてあった、

アロマディフューザーの水をこぼした。笑

 

 

玄関のドアを開けると、

元氣のなさそうなこうぞう。

 

じゅんこ「どうしたの?」

 

ハグをする。

 

こうぞう「俺、もう仕事やめたい・・・」

 

抱きしめてる体から、

こうぞうの心からの思いが伝わってきて、

 

じゅんこ「こうぞうの中のこうぞうが、

ようやくちゃんと氣づいてくれたね

って言ってるよ」

 

そう言うと、

2人で泣いた。

 

で、次の日の早朝、

こうぞうは山梨に帰り、

退職する意向を上司に伝えたのであった。

 

(ちなみに、この頃、

こうぞうはインターネットの情報発信で、

稼ぐというところまでできていたので、

安定収入とまではいかないものの、

このまま独立するか〜

という感じだった)

 

しかし、

なんかしらんが、

じゅんこの知り合いから、

「千葉に来ないか?」

と誘われ、こうぞうと共に行くと、

「うちの会社で働かないか」

と半導体の研究職?という仕事から、

店舗型の保険代理店という全然違う仕事で、

ヘッドハンティングされたのであった。

 

そして、じゅんことこうぞうは、

千葉にやって来たのである。

 

 

今では、その会社でお世話になっており、

「ここで働けて本当に幸せだよ〜」

といつも言っている。

 

 

そして、転職したので、

こうぞうのお給料は前よりも下がったわけだが、

 

働きはじめて2年目で、

もうすぐ以前よりも越えそう。

 

額は言えないが、

結構なボーナスももらった。

 

(しかも↑これと同じ金額を、

じゅんこの実現ノートに書いていたら、

本当にこの額だったので、

す、すげー!う、宇宙すげー!

となった。笑)

 

 

というわけで、

ストーリー仕立てでお送りしてきましたが、

「愛してるよ」

と心からパートナーに言っていたら、

こうぞう(パートナー)には、

こんな大きな変化があらわれた。

 

 

・条件ではなく、自分の心に素直に従えるようになった

・やめたい仕事をやめた

・そしたら、なんかしらんけど、全然違う職種で引き抜かれた

・そこの人たちと働けることを、「本当に幸せだよ」とよく言っている

・結婚

・じゅんこに毎日、「好き」「愛してる」と言う

・じゅんこから「愛されている」「認められている」

という自信があるので、他者や社会に対して、

承認欲求(認められたい!名をあげたい!)

という恐れからの行動があまりない。

つまりは、本心から行動できる

ということ。

・子どもを医療介助なしで、妻と2人で子どもを取り上げる

・なぜか、給料もあがる

 

 

 

******

 

と、いうことで、

【21日間自分、もしくはパートナーに「愛してるよ」と言い続けたら、どう現実が変わるのか?】

http://childmindart.jp/ai-3/

【自分、もしくはパートナーに「愛してるよ」と言い続けたら、どう現実が変わるのか?〜自分という人生のパートナーに実践してみた結果】

http://childmindart.jp/ai-4/

 

の続きで書いてみました。

 

 

そんで、次は、

このことをLINE@に言ったら、

たくさんお返事が来て、

質問もいくつか来たので、

それをシェアしていきたいと思いまする。

 

では〜♡

 

*******

 

じゅんこの公式LINE@登録はこちらから 
https://line.me/R/ti/p/%40rbi2986j

ID検索はこちらから
@rbi2986j

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


関連記事